瀬名あゆむ

とある監禁施設には精液採取のための男が大勢収容されていた。好色な看守あゆむは日々、監獄を訪れては男達に口内射精を要求するのだった。